イタヤガイの前菜

804  湯引きしたイタヤガイに白ネギとショウガをみじん切りにしたソースがかかっています。また、右奥に見える付け合わせは、そうめんカボチャです。

 イタヤガイは、ホタテに似てはいますが、ホタテよりも食感が柔らかく、またホタテが主に北海道など寒いところで採れるのに対して、暖かい海域で育ち、日本では島根県などで養殖が盛んのようです。

 さて、胃腸が弱い日本人にとってショウガはなくてはならないものです。ショウガは胃腸を温めるとともに水分代謝も改善する薬効もあり、特に冷菜などとの相性が良く、日本でも昔から冷や奴などにはつきものでした。また、昔からおろしショウガのこういった薬効は広く知られており、それゆえ「薬味」とよぶわけです。

 

 

関連記事

  1. 桜海老と四季豆の前菜

  2. カニ肉入り芙蓉仕立てスープ

  3. 担々麺

  4. 若ゴボウの蝦子和え

  5. 羊肉とヘチマの土鍋煮込み

  6. 木耳と青梗菜の玉子スープ