サザエの白腐乳和え

  408_7                                                                                          新鮮なサザエを蒸して、白腐乳で和えたものです。白腐乳と豆腐を塩漬けにして麹菌を作用させて作るもので、沖縄のトウフヨウに極めて近いものです。紅麹を作用すると赤いものが出来ます(紅腐乳)が、紅腐乳の方は肉料理などと相性が良く、魚介類には比較的あっさりした味の白腐乳が使われます。

 腐乳は大豆から作ったチーズのようなものと言えなくもないですが、お粥などの付け合わせなどで食べられるほか、煮込みや炒めものなど幅広く調味料的にもよく使われます。

 ところで最近、大豆に含まれるイソフラボンが脚光を浴びており、国立循環器病センターの13年間に渡る疫学調査で大豆イソフラボンが女性の脳梗塞・心筋梗塞の発症危険リスクを低下させるという研究成果が発表されたほか、先月末には大豆イソフラボンが女性の不妊治療に有効であることが武庫川大学などにより発表されています。

 以前は、大豆イソフラボンといえば更年期の女性のためのサプリメントというイメージが強かったのですが、更年期障害に関係なく特に女性の方は積極的に大豆製品を摂ることをお勧めします。

関連記事

  1. 秋刀魚の黒酢煮の冷菜

  2. 新ニンニク、花椎茸、貝柱の蒸しスープ

  3. 鯛の中華鍋

  4. 冬野菜のスープ

  5. クラゲの甘酢和え

  6. 蕗(ふき)の前菜