赤鶏ももの炭焼き

0330 熊本の居酒屋シリーズの最後は、宮崎の赤鶏のもも肉を炭焼きにしたものです。九州らしく柚子胡椒が添えられています。

 さて、柚子と唐辛子の組み合わせである柚子胡椒は、薬膳的には、柑橘系(柚子)の酸味は「肝」の働きを良くして「気」の巡りを良くしますし、唐辛子の辛さは「発散」という意味があって、やはりストレスなどで停滞気味の「気」の流れを改善してくれます。また、「気」の流れが良くなると言うことは、胃腸の働きもスムーズになるということにもつながります。よって、柚子胡椒はストレス社会にあっては優れものの調味料とも言えますが、食べ過ぎるとかえって胃に負担となるので注意が必要です。

 因みに酸味と辛味の組み合わせは、中国では四川料理によく見られるほか、タイ料理など湿気の多い地域で多用されます。これは、「気」はストレス以外にも、湿気の影響で流れが悪くなります(「雨が降ると鬱陶しい」というのは湿気の影響で「気」の流れが悪くなって身体がだるいという意味です)ので、理に適っているように思います。

 

関連記事

  1. 玄米工房あすかさんの前菜

  2. 天麩羅

  3. 熊本の馬刺

  4. 冷やし茶碗蒸し

  5. 馬肉の串焼き

  6. 徳島~ラーメン東大