カラコール貝の前菜

 昨日に引き続き、縁起物でアワビと言いたいところですが、写真の貝はカラコール貝です。この貝は、別名を大西洋ホラ貝とも言い、食感や見た目がアワビに似ていることから、アワビの代用品としてもよく使われています。

 ホラ貝とアワビでは、似ても似つかない感じがしますが、アワビは実は、巻き貝の仲間で、生まれたてのアワビはちゃんと巻き貝の姿をしています。考えてみれば、同じ巻き貝のサザエなんかでも、お刺身にしたらアワビと似た食感になりますので、やっぱりアワビは見た目がどうであれ巻き貝です。

 さて、ホラ貝は漢字で書けば法螺貝ですが、「ホラを吹く」という言い方は、本来は仏教用語で、仏様の説法のことを指しているそうです。それが、なまりなまって、現代のような使われ方になったそうです。

関連記事

  1. ワタリガニと春雨の沙茶醤煮込み

  2. 牛ハラミ肉と大根餅の辛味噌炒め

  3. 巨大アスパラガスの上湯ソースがけ

  4. イタヤガイの前菜

  5. 北海道産羊のレバー炒め

  6. イタヤガイとチンゲンサイの塩味炒め