穴子と香味野菜の炒めもの

120808_2  久々のお粥ランチです。左上から時計回りにクラゲの和えもの、シシトウ、穴子と中国セロリ、白ネギの炒めもの、干し貝柱と鶏肉のお粥です。

 最近は、うなぎの値段が高騰して、比較的安価な穴子が人気だそうですが、うなぎよりも脂肪分が少ないもののビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富で、ヘルシーな食材といえます。薬膳的にも虚を補う作用があるとされ、夏ばてが気になる今の季節にはぴったりです。

 ところで、夏ばてを漢方的に考えると、まず汗を多くかくことで、体内から津液と呼ばれる水分と共に、気も漏れていくとされます。更に、水分補給に限らず食べ物でも冷たいものを多く摂ることから、気力の発生源である胃腸が冷やされ、気のエネルギーが更に低下し、夏ばて症状があらわれてきます

 夏ばてには、気と津液(水分)を同時に補う作用のある漢方薬が用いられますが、夏ばて予防の決め手はおなかを冷やさないことです。そういった意味では水分豊富で、あたたかいお粥は夏ばて予防には適した食べ物といえます。

 

 

 

関連記事

  1. 紹興酒漬けの鯉の煎り焼き

  2. 草莓山査羹

  3. 瓜の蒸しもの、アスパラソバージュ添え

  4. クワイの素揚げ

  5. 炸醤麺

  6. マコモダケの香り揚げ