かわ屋さんの“鶏皮”~福岡

141019 福岡市内にある“かわ屋”さんは、焼き鳥屋さんですが、焼き鳥の中でも屋号の通り“鶏皮”が最大の売りです。

 このお店の鶏皮は、のどの付け根の脂の少ない部分の皮を、焼く→寝かす→焼くを繰り返し、仕込みに6日間もかけているそうで、脂っこさもなく、パサパサでもない絶妙の食感に仕上がってます。

 このお店では、この鶏皮を一人10本から20本は頼むのが普通のようで、お店のカウンターには山のような鶏皮の串が並んでいました・・・。タレの味が関西からすると、九州らしくやや甘めでしたが、栄養的には脂の抜けた鶏皮はコラーゲンの塊ですので、美容や滋養効果が期待できそうです。

 

関連記事

  1. 呼子のイカと博多のおきうと

  2. お屠蘇(とそ)について

  3. こいわしの刺身、がにめ~広島

  4. 水戸~納豆の王国

  5. 知事表彰されました

  6. 小菅正夫さんの講演~生きる意味って何だろう?