上元と蟹黄湯圓

0128  今日は旧暦の1月15日です。旧暦では1日は新月で、今日は新年最初の満月の日で、昔から元宵節や上元節と呼ばれ、団子(湯圓:タンユェン)を食べる習慣があります。

 この上元という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、道教の思想に基づくもので、7月15日の中元、10月15日の下元の3つを三元とよび、それぞれ天官、地官、水官の誕生日とされています。

 白玉団子や中に甘い餡の入ったものが一般的ですが、写真は鶏のスープに上海蟹のカニミソ(蟹黄)の入った肉団子が中に入っています。

  

関連記事

  1. 半夏生

  2. 小いわしの刺身~広島

  3. 水戸~納豆の王国

  4. 小菅正夫さんの講演~生きる意味って何だろう?

  5. 謹賀新年

  6. 甲子園