京料理の先付

 忘年会シーズンたけなわですが、今日は、京都にあるモダンな日本料理屋さんで出された先付です。

 日本料理の特徴としては、季節に応じた新鮮な素材を生かすということと、見た目(盛りつけ)の美しさを重視することなどが挙げられます。もちろん、どの国の料理でも見た目を無視すると言うことはないのですが、特に大皿で出てきたものを皆で食べる中華に対して、一人分ずつをお皿に盛る日本料理では、きめの細やかさにおいて大きく異なってきます。

 箱庭や盆栽にも表れていますが、自然を生かしながら、それをどう美しく見せるかというところにこだわりを持つというのが日本人の自然に対する感性の特徴ですので、料理にもそれが表れている様な気がします。

関連記事

  1. 一汁一菜

  2. パパダ

  3. 紫芋と薩摩芋の二色タルト

  4. 「まくろびお」さんの前菜

  5. 冷やし茶碗蒸し

  6. 玄界灘の活けサバと活けアジ