宗田鰹の唐揚げ、薬味ソース

 鰹(カツオ)が旬ですが、タタキなどに使われる本鰹と違って、宗田(そうだ)鰹は血合いの部分が多く、かつお節にすると味や香りが濃厚になるので、もっぱらかつお節に加工されることが多く、あまり一般には出まわりません。ただし、鮮度が良くて血抜きが十分されている場合は、本鰹よりも身が締まっており、味も「濃い」ような気がします。

 さて、鰹は骨を強くするビタミンDや、筋肉疲労に効果のあるビタミンBのほか血液サラサラ成分であるEPAなどのほか、鉄分やタンパク質も豊富で、夏ばて予防には最適の食材です。

関連記事

  1. 栗と地鶏の煮込み

  2. 豚ヒレ肉と野菜の四川炒め

  3. いわしの黒酢煮の前菜

  4. タコのニンニク和え

  5. 蟹黄入り白玉団子のスープ

  6. 柳葉魚の煎り焼き