わらびのオイスターソース和え

140331_2 春を告げる山菜の代表格であるわらび(蕨菜:チュエツァイ)です。

 この時期に出まわる山菜類は、新芽を食するものが多いですが、寒い冬が明けて、生命活動が活発化する春に大地の精を受けて地上に現れる新芽には旺盛な生命力が宿ると考えられています。

 因みに、わらびの薬膳的な効能は胃や腸の機能を良くすると共に、降気作用もあるとされ、春先にめまいやのぼせ、鼻血などが出やすい方には特に適していると思われます。

 もっとも野性味溢れる食材は、それを食す側にもそれなりのパワーが要求されますので、からだの弱い方は多食しない方が良いと思います。

 

 

関連記事

  1. 紅焼蹄膀(豚スネの醤油煮込み)

  2. 杏仁豆腐

  3. ハトのロースト

  4. 合鴨とネギの甜麺醤炒め

  5. くりかぼちゃと鹹蛋の前菜

  6. 牛肉のオイスターソース炒め