トコブシとニンニクの茎の実山椒炒め

512_8 姿も味もアワビに似たトコブシとにんにくの花芽、黄ニラなどを実山椒であっさりと味付けした炒めものです。

 ところで、実山椒は山椒の未熟な果実で、佃煮などにも用いられますが、山椒(果皮)ほどの辛味もなく、木の芽(山椒の若葉)のような香りがあり、薬膳的には理気作用〜気の流れを良くする効果があると思われます。

 山椒(果皮の部分)は漢方薬としても用いられますが、薬効としてはおなかを温め、冷えによる腹痛などに効果があります。また、成熟した山椒の実を乾燥させたものは「椒目」とよばれ、果皮とは異なり、腹水などを除く薬効があるとされています。

 

関連記事

  1. タラの白子の腐乳ソース

  2. エビとキャベツの白腐乳炒め

  3. 黒胡麻の冷やし担々麺

  4. 梨子松菌湯

  5. ゴボウの素揚げと四川風牛肉干

  6. カラコール貝の香料煮