栗と地鶏の煮込み

Photo_56

 栗はナッツ類の中では珍しく脂肪分が少なく、良質のデンプン質が主成分で、日本でも縄文時代から食べられていたようです。また、ナッツ類の特徴ですがミネラル分も多く含まれ、最近の研究ではナッツ類に含まれるミネラル分は栄養過多気味の現代人の代謝をよくする作用があるとも言われています。

 薬膳的には栗は胃腸を丈夫にするとなっていますがサツマイモなどに比べると消化しにくいとも言われており、胃もたれしやすい人は一度に大量に摂るのは控える方が良さそうです。

 

関連記事

  1. ミルガイの蝦醤炒め

  2. 北海道産羊のレバー炒め

  3. 上海蟹ミソ入り春雨と海老、揚げ豆腐の土鍋煮込み

  4. 茴香豆(フイシァンドウ)

  5. 岩牡蠣と野菜の炒めもの

  6. パイナップル入りフカヒレスープ