ヤマモモのアイス/ 秋の養生法


 ヤマモモは徳島県の県木に指定されているなど、日本各地でも見られますが、傷みやすいせいかスーパーなどの店頭に並ぶことはあまりないみたいです。

 中国でも、生のものよりもシロップ漬けにした缶詰が一般的です。因みに、中国語では楊梅です。

 成分的にはクエン酸を多く含むほか、抗酸化力が強くメラニン抑制効果なども報告されています。

週末topics〜秋の養生法

 暑い夏もようやく終わりかけ、多少は涼しくなってきましたが、これから迎える秋の養生法について・・・。

 漢方的には秋という季節は、五臓でいえば「」にあたりますが、「肺」の特性としては乾燥を嫌うと言うことがあげられます。このため、秋になって空気が乾燥してくると風邪や鼻炎、喘息といった呼吸器疾患が問題になってきます。ほかにも、皮膚も呼吸器に含まれますので、乾燥肌やアトピー性皮膚炎なども悪化しやすい季節といえます。

 特に、今年の夏は暑さが厳しかったためにクーラーを多用して、のどの粘膜が乾燥してかぜを引いてしまったという人も多く見受けられますが、これから空気が乾燥してくるとますます「肺」の潤いを保つことが重要になってきます。

 乾燥対策としては、マンションなどの密閉された空間でエアコンを使用しているような環境では、加湿器の利用なども考えられますが、手軽な方法としては部屋の中に[E:club]観葉植物を置くことでお部屋の乾燥をある程度防ぐことが出来ます。

 食べ物では、梨やハチミツ、ゆり根などは肺に潤いを与えてくれますし、乾燥が気にならない人でも1日に何回かは公園など空気の綺麗な場所で深呼吸をすることで「肺」の「気」を高めることが出来ます。

 また、乾燥肌の人でこの時期になると皮膚がかゆくなる人は、[E:spa]お風呂につかっていると皮膚が潤って気持ちが良いものですが、長風呂は禁物です。お風呂に長くつかることで、皮脂と呼ばれる皮膚を守っている成分が洗い流されてしまって、お風呂から上がるとますますお肌の乾燥がすすむからです。(乾燥肌に用いられる漢方薬では当帰飲子などが有名です)

 更に、空気の乾燥によりのどが痛くなったり、空気が変わると発作的に咳が出るといった時には、うがい薬などを使うよりも、のどの粘膜を潤わせる作用のある潤肺糖漿という漢方のシロップがお勧めです。(新薬には、のどの粘膜を潤わせることでこれらの症状を予防または治療するという薬は存在しません)

関連記事

  1. サフラン/五臓六腑〜「肝」

  2. 清蒸桂魚(桂魚の姿蒸し) / 漢方的正しい食養生(その5)

  3. 沖縄の魚/ 夏風邪

  4. 羊肉の炸醤麺/ 花粉症シーズン到来!

  5. 陳皮 / ストレスについて(その5)

  6. 葉ニンニク / 「痛み」について