エビ、黒クワイ、ブロッコリーの炒め物


 黒クワイは、日本で一般的に食べられているクワイ(オモダカ科)と違って、カヤツリグサ科で、食感もシャリシャリしています。

 中国では、黒い皮付きの黒クワイの形状から烏芋とか馬蹄と呼ばれていますが、甘みがあるので写真のような炒め物から、甘いシロップやフルーツと合わせたデザートのようなものまで応用範囲の広い食材です。

 黒クワイの薬膳的な効能としては、「清熱化痰・消積」で、体内にこもった余分な熱をさまし、食べ過ぎなどにより生じた食積(食べ物の停滞)を解消するとされています。

 このため、広東(香港)など暑い地域でよく用いられる食材で、飲茶メニューにも馬蹄(黒クワイ)はよく登場します。

関連記事

  1. 上海蟹入り肉団子の河粉

  2. 天然鰻と季節野菜の炒めもの

  3. 吉浜アワビと白霊茸の煮込み

  4. 琵琶湖の天然鰻と新ニンニク、ウズラ卵の土鍋煮込み

  5. 新タケノコと布豆腐のスープ

  6. 白切鶏