ホタルイカと玉子炒め

   富山では、この時期、海面を光りながら遊泳するホタルイカを「竜宮の使い」と呼ぶそうですが、ホタルイカはこれからが旬です。

 ホタルイカはイカの中でも内臓ごと食べられることから、内臓に含まれるビタミンAなどの栄養素をあますことなく摂取できます。

 一般的には釜ゆでにされたものが出荷されますが、生のホタルイカは内臓に寄生虫(旋尾線虫の幼虫)がいることがあり、冷凍処理された上で解凍されたものでないとアブナイと言われています。(寄生虫の存在する確率は3%程度と言われていますが、最悪の場合腸閉塞などの危険性もあるそうです)

関連記事

  1. つぶ貝と鶏肉の馬来醤煮込み

  2. 豚ロースの唐揚げ、甘酢炒め

  3. マンゴープリン

  4. 布豆腐とモヤシの前菜

  5. ウズラの肉団子の煎り焼き

  6. 酥瑤炒素菜