タコとオクラの前菜

 タコは弥生時代から食べられており、現在でもタコの消費量に関しては日本がダントツの世界一です。タコは低脂肪高タンパクで、タウリンなども豊富でヘルシーな食材と言えますが、特に関西では、明石のタコが有名なほか、どの家庭にもたこ焼き器があるといわれるくらいポピュラーな食材です。

 一方、オクラは遠くエジプトが原産で、日本には19世紀頃に入ってきたといわれますが、いわゆる「3ネバ(オクラの他はヤマイモと納豆)」の一つで、ネバネバの本体であるムチンには胃の粘膜保護作用があるほか、食物繊維のひとつであるペクチンには糖の吸収阻害作用や、コレステロールの排泄作用も認められています。

 因みに、漢方では、ネバネバした食材には、補腎効果、滋養強壮、老化予防効果があるとされています。

関連記事

  1. 有頭海老の炒り焼きと空心菜の蝦醤炒め

  2. 蟹黄小籠包

  3. 独活、西洋菜、筍の春巻き

  4. アンコウと野菜の辛味ソース炒め

  5. マンゴープリン

  6. 大海老と黄ニラ、香菜炒め